オーナーパティシエールおすすめのお菓子、ケーキ、おいしい店グルメ情報
ソトコトSHOP -月刊誌「ソトコト」のアンテナでキャッチした、厳選アイテムをご紹介!

国産米粉でクッキング―おそうざいからお菓子・パンまで

国産米粉でクッキング―おそうざいからお菓子・パンまで 人気ランキング : 34,244位
定価 : ¥ 1,500
販売元 : 農山漁村文化協会
発売日 : 2004-01
発送可能時期:通常24時間以内に発送
価格: ¥ 1,500
米粉パンは小麦アレルギー対応ではありません

小麦由来のグルテンが入っているので、米粉パンは小麦アレルギーの
人対応ではありませんって本書にはしっかり書いてありますね。
レビューを書かれる方はしっかり読んでから書いて欲しいものですが、
もともとの編集者レビューにも欲しい所です。
でも米粉だけのレシピはアレルギーの方でも安心かも?
私はアレルギーが無いのでよくわかりませんが、小麦を使わない
レシピはたくさん載っています。米粉の全体の性格を知りたいなら、
とても良い本でしょう。
私のお薦めはカレー!ルーなしで作れるし、油を使わないけど、
コクがあるのが不思議。工夫次第で市販のカレーの味に似てきますよ。

米粉の用途が参考になる

米粉を使ったお菓子、麺、パンに至るまでいろいろなレシピが掲載されている。
米粉は、話題になってはいるけれど、どうやって使えばよいのやら。
そう思っている人には、「こんなものもつくれるんだ」という参考になる。

日本人は、やっぱりお米を食べなくちゃ

米の粉=おだんごの素と思っていた私には、洋菓子・パン・クリーム系の料理などを取り上げたこの本は、とても新鮮でした。
洋菓子やパンも米の粉で作れたら、日本人の私たちにはヘルシーな食べ物になるでしょう。
行き場のない古米が消費されるきっかけにもなるし、アレルギーのある人も、食べられるものの世界が広がりそう。
蒸しパンなどのレシピが上新粉と小麦粉と半々だったり、パンにはグルテンを添加した特殊な米粉が必要だったりと、小麦アレルギーを持つ人にとっては、100%満足できる内容ではないと思います。
それから、正直なところ、お菓子が垢抜けていないので、
いまどきの小洒落たお菓子を作りたい方には、ちょっと物足りないかもしれません。
けれど、米粉の幅広い使い方の提案としては、成功していると思います。
この本がきっかけになって、米粉のレシピが洗練されていくのが、楽しみです。

市販の上新粉でためしてみましたが・・・・・・・・・・・・

この本で紹介されていた粉を取り寄せ試作しましたが、取り寄せてから後でわかったことですがこの粉には大量のグルテンが入っていて、私も子供も小麦アレルギーであるので危険なので食べることが出来ませんでした。また、その他のアイテムも坂本先生のいうように市販の上新粉でためしてみましたが失敗。もっと一般の人がきちんとできるように粉のことからもっと研究して本を出してもらいたいと思いました。

米粉ブーム来るか?

米の粉、というと、どんど焼きの繭玉や草もちを思い出す・・しかーし、この本は幅が広い。米粉でバターロールを作ったとき、なんて面白いんだろう、と思った。ふつうのバターロールとは違う、もっちりした感触、ほんのり香るごはんの香り。いくつでも食べられちゃう。冷めると風味が落ちるのが難点と言えば難点だけど、暖め直すとオッケー。この前NHKで元横綱、大乃国親方が米粉でロールケーキを作っていた・・・これからは米粉の時代?素材としてはいろいろに使えて、将来が楽しみな米粉。その入門書ともいうべき本ですな。

Copyright 2005 お菓子 ケーキ おいしい店 All rights reserved.