オーナーパティシエールおすすめのお菓子、ケーキ、おいしい店グルメ情報
ソトコトSHOP -月刊誌「ソトコト」のアンテナでキャッチした、厳選アイテムをご紹介!

月森紀子の ナチュラルスイーツ

月森紀子の ナチュラルスイーツ 人気ランキング : 29,687位
定価 : ¥ 1,470
販売元 : 講談社
発売日 : 2005-05-25
発送可能時期:通常24時間以内に発送
価格: ¥ 1,470
我家のお勧めの1冊

 子供がアトピーになり、今まで好きだったお菓子作りが出来ず、親子で寂しく感じていた頃、マクロビオティックを知りました。「こーんな食事法に早く出会いたかった!!」と痛感。そして、今までの食事方を大いに反省!
 この本に出会い「わぁ、またお菓子作りが出来る!!」と、ケーキが食べれることを親子で大喜び。特に豆腐のチーズケーキ風は「ケーキ屋さんで売っているケーキよりもおいしい!!」と子供達の一押し!! 豆腐白玉のみたらしあんは、「和菓子屋さんの白玉よりもおいしい」とおばあちゃんの好物に。豆腐の抹茶ティラミスは豆腐嫌いだった留学生(オーストラリアの女の子)の驚きの1品に!
 とうふの七変化には本当にびっくり、そして尊敬です。この本は我家のお勧めの1冊です。

オーブンをあまり使わないレシピが充実してます

確かに甘みは強そうですし、甜菜糖を使用したレシピも10くらいありましたけれど、これは各自で調節したらいいかと思います。甜菜糖のかわりにドライフルーツや果汁などで代用したり。オーブンやフードプロセッサーをあえて多用したくない私には嬉しいレシピがたくさんあり、この点を評価したいと思います。和菓子が充実していて、砂糖をやめてから食べていなかった「あのお菓子、このお菓子」が見受けられて、これも嬉しかったです。ちなみにメープルシロップの使用量はこの著者の以前のレシピ集より減っている気がしました。ともあれ、お菓子はメインとして、または日常的に摂る物ではなく、あくまでおまけであって、たまにいただく少量のお楽しみ、という前提に立って考えればこの程度でもありえるかと思いました。日常的にいただくものでしかもお菓子をメインにしているような方々には、マクロビオティック的な観点からいって確かに危険かもしれませんが。

いい本です

確かに、甘味料やマクロビオティックの観点では多用すべきでない食材の使用が多いレシピもあります。けれど、前作よりはよほど「やさしい」。マクロビオティックの観点からも(あくまで、マクロビオティックではなく「ナチュラル」として売り出しておられるのでしょうが)、プロセスも。著者は、前作から色々と工夫・反省なさったのではないでしょうか?
豆腐チーズケーキやサツマイモタルトのようなややストロングな特別の日用のレシピだけでなく、ういろう・寒天のきな粉がけ・豆腐白玉・玄米あんこのように、より心身への負担が少なく、つくりやすいお菓子もけっこう載っています。それでいて、あいかわらず食べ心地は軽く、おいしい。(甘味料などは自分で調整すればいいと思います)さすが元々和食のプロだけあって、見た目も美しく、それでいてかわいらしい。見やすいし、よくできた本だと思います。読者としてわがままを言うと、もう少しレシピ数が多かったらよかったな!

重宝します

装丁もかわいいし、レシピも作りやすいものばかりです。
確かに使われているメープルシロップやてんさい糖は多めですが、自分の好みに合わせて減らせばよいし、
素材の使い方などは大変参考になりました。
気軽に出来て、体に負担をかけないスイーツを楽しめるウレシイ本です。

コンセプトは間違えていない

甘い物が身体に悪いのではありません。精製されて自然界に存在しないほど分子のクサリが小さくなり、ミネラルなど自然の養分がすべて失われた白砂糖が身体に悪いのです。白砂糖を摂取したあと血液を顕微鏡で見ると白砂糖の粒が確認できます。これは白砂糖は自然界に存在しないほど分子のクサリが小さいために臓器で濾過されず血液にすぐとけ込んでしまうからです。白砂糖を食べると血糖値がすぐに上がるのはそのためです。黒砂糖やメープルシロップ、本物のはちみつ、和三盆糖などでは高分子のクサリの絡み合いのかたまりが十分に大きいためこのようなことはおこりません(甜菜糖についての知識は当方にはありません)。したがって、白砂糖を使わない筆者の姿勢は間違いではありません。油についても酸化しにくい脂肪酸であるオリーブオイルを使えば健康によいお菓子になるのではないでしょうか。身体に気を使う甘い物好きの料理自作派の人にとってこのような本はありがたい存在です。あとはおいしいかどうかです!

Copyright 2005 お菓子 ケーキ おいしい店 All rights reserved.